なぜ介護業界は転職回数が余り問題ないのか

一般的には転職回数が多いと転職活動で不利になる言われるが、転職の回数が多くても余り問題ない業界も存在する。介護業界だ。介護業界は転職回数が多くてもさほど問題のない業界として知られており、転職回数で悩んでいる方向けのサイト「転職回数を強みに変えよう」をはじめ様々なサイトで紹介されている。

介護業界は離職率が高く人材不足の施設が多いため多少転職の回数が多くても問題にならないことが多い。転職経験者の平均転職回数は2~3回と言われているが介護業界には5回以上転職している人も珍しくないので、5回程度の転職なら余り不利にはならないだろう。問題にならないどころか、デイケア・特養・訪問介護サービスとタイプの異なる施設へ転職を繰り返すことで、経験とスキルの幅を評価される可能性すらある。

このように介護業界は全体的に転職の回数を気にしない傾向があるが、転職のタイミングと理由には注意が必要である。例えば勤続年数1年未満での転職を繰り返していると、流石に介護施設側もすぐに転職するのではとネガティブな印象を抱くだろう。少なくとも1年以上、できれば3年以上同じ職場で働いてから転職するのが望ましい。何故なら離職率が高く勤続年数が短い職員が多い介護業界では、同じ職場で3年以上働いただけでも高評価されからだ。

また人間関係や仕事の厳しさなど後ろ向きな理由で転職を繰り返してきた場合、それを正直に伝えるのではなく前向きな転職理由や志望動機を説明する必要がある。どこの介護施設にも多かれ少なかれ人間関係の問題や仕事の厳しさは存在するので、後ろ向きな理由を正直に伝えると面接を通るのは難しくなるだろう。

転職回数が多くても挑戦できる介護業界